【兵庫ジュニアグランプリ】連勝中のセキフウが馬群を割って伸び重賞初制覇!

重賞初制覇を果たしたセキフウ

重賞初制覇を果たしたセキフウ


11月25日(木)、園田競馬場7Rで行われた第23回兵庫ジュニアグランプリ(Jpn2)(2歳 定量 1着賞金3000万円 ダート1400m)は、M.デムーロ騎手騎乗の2番人気・セキフウ(牡2、栗東・武幸厩舎)が道中好位を追走すると、4コーナーでインに潜り込み、直線で馬群を割って優勝した。勝ちタイムは1:29.7(稍重)。

2着にクビ差で1番人気・コンバスチョン(牡2、美浦・伊藤圭厩舎)、3着には3馬身差で5番人気・プライルード(牡2、大井・藤田輝厩舎)が続いた。

勝ったセキフウは、半兄に16年高松宮記念勝ち馬ビッグアーサーがいる良血。3戦目に初勝利を挙げると、続くなでしこ賞も勝ってこの舞台に臨んでいた。

馬主は中辻明氏、生産者は浦河町のバンブー牧場。

セキフウ

セキフウ

セキフウ

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。