【安田記念】過去10年で3勝!『勝率100%』なのに人気ガタ落ちの伏兵<PR>

東京芝1600mでは2戦2勝のサリオス<br>写真提供:競馬ラボ

東京芝1600mでは2戦2勝のサリオス
写真提供:競馬ラボ


コンビニや売店などで購入できる競馬新聞やスポーツ紙は、紙面の都合などにより必要最低限の情報しか掲載できません。

しかし、パソコンやスマートフォンなどインターネット上で閲覧できるweb新聞なら話は別。周りが手に入れられない情報を見ることができます。

安田記念(G1、東京芝1600m)で好配当を仕留めるポイントも、一般的な競馬新聞やスポーツ紙には書かれていないと思います。ズバリ、『厩舎』です。

▼東京芝1600m調教師別成績(過去5年)
1位 藤沢和[27-19-11-83]複勝率40.7%
----------
3位 堀 [20-15-7-44]複勝率48.8%
----------
7位 手塚 [ 9- 7- 4-54]複勝率27.0%
8位 萩原 [ 8- 3- 5-26]複勝率40.0%
今年の安田記念に出走する厩舎のみ抜粋

ご覧の通り、「東京芝1600mの成績が良い厩舎=リーディング上位厩舎」ばかりです。

昨年の安田記念で断然人気アーモンドアイを破ったグランアレグリア(単勝12倍3人気)は、東京芝1600m成績1位に君臨する藤沢和厩舎の管理馬。勝率19.3%、連対率32.9%、複勝率40.7%という好成績をマークしています。

人間でも、誰しも我が子を有名校に入れたいと思いますよね?

それは、サラブレッドの親代わりとも言える馬主も同様です。期待している馬ほど成績の良い厩舎に預けたいもの。大レースに活躍馬を送り込む調教師は限定されており、それは安田記念の過去10年成績を振り返れば一目瞭然です。

▼安田記念の調教師別成績(過去10年)
堀 [3-2-0-5]複勝率50%
音無 [1-0-1-6]複勝率25%
藤沢和[1-0-0-5]複勝率16.7%
安田隆[1-0-0-1]複勝率50%
菊沢 [0-2-0-0]複勝率100%
藤原英[0-0-1-6]複勝率14.3%
今年の安田記念に出走する厩舎のみ抜粋

注目は過去10年で3勝・2着2回!驚くべきことに出走馬の2頭に1頭が連対している『堀厩舎』でしょう。

2015年1着、16年2着モーリスを筆頭に、11年2着、12年1着ストロングリターン。11年は単勝29.3倍の伏兵リアルインパクト(9人気)で勝利するなど相性抜群です。

東京芝1600m成績でも複勝率5割に迫る好成績をマークしており、堀厩舎の管理馬は安田記念では有力な軸馬候補となります。

そして気になる今年の出走メンバーで堀厩舎の馬は……いました。サリオスです!

2歳時に安田記念と同舞台のサウジアラビアRCをレコード勝ち。東京芝1600mは2戦2勝を誇るコース巧者になります。

前走の大阪杯は2000mの道悪競馬で本来の能力を発揮できなかったものの、堀厩舎の管理馬が約2回に1回は馬券に絡む東京芝1600m替わりで巻き返す可能性大です!
PRトレンド予想でバシバシ当たる!?
安田記念(G1) 3セクション馬券術
馬主×厩舎×騎手。競馬を動かす3者の意図を知って的中率を上げろ!
これで結果が変わる
  • 馬主の思惑で戦局が左右される!?
  • 厩舎が思い描く仕上げが功を奏す
  • 騎手の心理ひとつで戦況が変わる
G1をズバリ的中
  • ダービー 馬連 1010円
  • オークス 馬連 1880円
  • 皐 月 賞  馬連 4300円
G1のような大レースになれば、重要度はさらに高まります。的中の精度を引き上げるには、3者の意図を知っているかどうかが重要な分かれ目。
安田記念(G1)
3セクション馬券術・最終結論
[記事・PR提供] マスターズ