【チャンピオンズC】新王者誕生!テーオーケインズが後続を突き放し大楽勝!

直線後続を突き放し圧勝したテーオーケインズ

直線後続を突き放し圧勝したテーオーケインズ


12月5日(日)、6回中京2日目11Rで第22回チャンピオンズカップ(G1)(ダ1800m)が行なわれ、松山弘平騎手騎乗の1番人気・テーオーケインズ(牡4、栗東・高柳大厩舎)が道中5番手を追走すると、直線鋭く伸びて後続を一気に突き放し圧勝した。勝ちタイムは1:49.7(良)。

2着には6馬身差で3番人気・チュウワウィザード(牡6、栗東・大久龍厩舎)、3着には3/4馬身差で14番人気・アナザートゥルース(セ7、美浦・高木登厩舎)が続いて入線した。

勝ったテーオーケインズは昨年の帝王賞に続いてG1・2勝目。前走のJBCクラシックは出遅れも響いて4着に敗れたが、今回はゲートを決めて見事に巻き返してみせた。

馬主は小笹公也氏、生産者は日高町のヤナガワ牧場

  • テーオーケインズ
  • (牡4、栗東・高柳大厩舎)
  • 父:シニスターミニスター
  • 母:マキシムカフェ
  • 母父:マンハッタンカフェ
  • 通算成績:15戦8勝
  • 重賞勝利:
  • 21年チャンピオンズC(G1)
  • 21年帝王賞(G1)
  • 21年アンタレスS(G3)

テーオーケインズ
テーオーケインズ

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。