先週の中京ではラミアヴィータなどで3着がありました。特にラミアヴィータは変わり身を期待していただけに惜しいものですが、ブリンカーを着けて、砂を被ることのない芝になってもあれだけモマれ弱さをみせているとは思いませんでしたね。馬群から出るまでも周りを躊躇していて、なかなか抜け出しきれませんでした。それでも最後はいい脚をみせていたように、未勝利を勝てる力を秘めていることは感じていた通りですが。

一方、トップザビルは3着に来たものの、あれだけの少頭数で砂を被るところもないのに、勝った時のような走りができていません。馬体重も少し減っていたようにイイ頃より動き切れておらず、緩さを感じました。

また、メタルスパークはグッと来るところはないものの、最後までしぶとい走り。時計の掛かる馬場での長距離戦が合いそうな印象です。

今週は中京になります。平安S(G3)ダンツキャッスルは太目が残っていた前走ほどじゃありませんが、まだ追い切りの動きや息遣い、体つきにはもうひと段階あげられる余地がありそう。前走は内でモマれたのが良くなかったのか、走り切れていない印象はありますし、今回は中団くらいでジックリ構えたいところです。

揖斐川特別メイショウボサツもまだ休み明け感は否めません。追い切りの時計は優秀ですが、馬場の中目を回っていますからね。得意の中京だけに時計が掛かってほしいところですが。

大垣Sカフェクラウンは詳細こそわかりませんが、気ムラな印象があるだけに合いそうなイメージは持っています。

今週から函館の入厩も始まったそうですが、関係者の間でも「今年は行くのか?」なんて話題も増えてきました。季節の変わり目といったところですね。次週は新潟と中京で騎乗する予定です。