先週はなんとか初勝利を期待していたアコンカグアが4着。休み明けを一度使った上積みに期待したのですが、どうしてもペースが速くなると追走が苦しくなってしまいますね。腰ももう少しパンとしてくれるといいですし、未勝利戦を勝てる馬。あとちょっとなのですが。

ルーリングも最後は伸びてくれていますし、砂を被るとハミをとってくれないので外枠だったら、というところです。タガノイグナイトは返し馬とレースでのイメージの違いがありましたね。それにしても、先週の中京の芝は乗っていてそんなに硬さを感じるほどではないものの、時計が出ている印象でした。中京にしろ、阪神にしろ、例年以上に使用頻度が高くなるので少し特殊な馬場になっている印象です

今週は土曜が新潟、日曜が中京になります。土曜8Rのヴォリアーモは先出ししたり、急に跳ねたりと気性の難しさがあるそうです。ただ、新潟でも好走歴がありますし、相手関係を見ても期待はしています。わらび賞のリヴェットは前回が差す形で勝ったものの、中団くらいのイメージで考えています。共に未知数ですが、能力はありそうなので楽しみですね。

日曜中京2Rのネヴァーエンドは段々馬が良くなってきています。前進気勢も出てきましたね。欲を言えばダートなら良馬場の方が良さそうです。

先日、ルーキーの西谷凜騎手が減量に失敗して乗り替わりと騎乗停止になっていましたね。実は僕も減量には苦しんだ方で、特に地方時代の若手の頃は同じような経験があるので苦労はわかるもの。

ちょうどトレセンで今は(西谷騎手の所属厩舎である)谷厩舎にいる(元騎手の安藤)光彰さんと西谷君について話す機会がありました。当時、兄弟子だった光彰さんは僕の減量に付き合って、一人でサウナに入るのが大変ならと一緒に入ってくれたんですよね。

光彰さんも「お前のことを思い出したよ」なんて言ってくれまして、懐かしく感じましたね。まあ、当時は非常に怖い先輩でしたけど、良い思い出です。