新規会員登録

PR

(GⅠ) 天皇賞(秋)  特集

2020/11/1(日)4回東京8日目

サラ系3歳上オープン (国)(指) 定量 芝2000m 12頭 15:40発走

【天皇賞秋2020 予想まとめ】アーモンドアイの連覇を阻む馬は!? 菊花賞ズバリのアンカツほか好調予想陣が選ぶ本命&穴馬候補!出走予定馬/想定騎手/馬券攻略法

11月1日(日)、東京11Rで第162回天皇賞・秋(G1、東京芝2000m)が行われます!連覇を狙うアーモンドアイ、宝塚記念で牡馬に圧勝したクロノジェネシス、春の天皇賞を連覇しているフィエールマンほかG1ホースが大激突!アーモンドアイを止める馬は現れるのか?馬券攻略のヒントを探っていきましょう!

天皇賞(秋) レース結果

馬名 性齢 斤量 騎手 単勝 人気 馬体重 調教師
1 1 牡5 58.0 32.3 7 550(+8)
2 2 牡6 58.0 146.1 11 478(+2)
3 3 セ6 58.0 89.8 10 496(-2)
4 4 牡4 58.0 13.3 3 450(-6)
5 5 牡6 58.0 180.6 12 484(0)
5 6 牡5 58.0 17.4 5 478(-12)
6 7 牝4 56.0 4.4 2 464(0)
6 8 牡6 58.0 16.7 4 508(+6)
7 9 牝5 56.0 1.4 1 490(+2)
7 10 牝5 56.0 42.3 8 488(+14)
8 11 牡5 58.0 21.6 6 496(-10)
8 12 牡5 58.0 89.0 9 492(+6)

※2020年11月1日15時50分現在のオッズです。結果・成績などのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認して下さい。

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上り 通過順 単勝 人気 馬体重
1 7 9 牝5 56.0 1:57.8 33.1 ③③④ 1.4 1 490(+2)
2 5 6 牡5 58.0 1:57.9 1/2 32.7 ⑩⑨⑩ 17.4 5 478(-12)
3 6 7 牝4 56.0 1:57.9 クビ 32.8 ⑧⑨⑨ 4.4 2 464(0)
4 8 11 牡5 58.0 1:58.2 34.0 ①①① 21.6 6 496(-10)
5 6 8 牡6 58.0 1:58.6 21/2 34.1 ③③② 16.7 4 508(+6)
6 3 3 セ6 58.0 1:59.0 21/2 34.5 ②②② 89.8 10 496(-2)
7 8 12 牡5 58.0 1:59.1 クビ 34.4 ⑦⑥④ 89.0 9 492(+6)
8 2 2 牡6 58.0 1:59.2 1/2 33.9 ⑫⑪⑪ 146.1 11 478(+2)
9 7 10 牝5 56.0 1:59.2 アタマ 33.7 ⑪⑪⑫ 42.3 8 488(+14)
10 5 5 牡6 58.0 1:59.4 11/4 34.5 ⑤⑥⑥ 180.6 12 484(0)
11 1 1 牡5 58.0 1:59.5 3/4 34.6 ⑧⑤⑥ 32.3 7 550(+8)
12 4 4 牡4 58.0 2:00.7 35.8 ⑤⑥⑥ 13.3 3 450(-6)

払い戻し

単勝 9 140円 馬単 9-6 1,180円
複勝 9
6
7
110円
260円
140円
ワイド 6-9
7-9
6-7
420円
180円
670円
枠連 5-7 780円 3連複 6-7-9 960円
馬連 6-9 970円 3連単 9-6-7 4,130円

天皇賞・秋 レースのポイント

G1馬ズラリ!有力馬分析

アーモンドアイ
昨年は好位インをロスなく追走し、直線では最内から突き抜けて2着ダノンプレミアムに3馬身差をつける完勝劇。東京芝2000mの舞台設定は申し分ない。安田記念以来のローテーションも、圧巻のパフォーマンスを見せた昨年と同じ。ぶっつけ本番は何度も経験済みの調整過程だけに不安材料はなく、昨年と今年の仕上がり具合も比較しやすいだろう。

フィエールマン
天皇賞・春で連覇を成し遂げたステイヤーが、初めて秋の天皇賞に参戦してきた。今回は春の天皇賞以来約6カ月ぶりの実戦で、東京コースへの出走は新馬戦以来約2年9カ月ぶりという状況。これだけの実績馬とはいえ、走り慣れていない舞台だけに適性の見極めが重要になる。

クロノジェネシス
宝塚記念を圧勝し、アーモンドアイとの初対戦を迎える。前走は道悪の影響が結果を左右した部分があったにせよ、馬場への適性以上に能力の高さを感じさせる走りを見せた。春シーズンからさらなる変化を見せるか注目したい。

他にもG1ホースが参戦!
上記3頭以外も国内外のG1ホースが顔を揃えた。昨年2着のダノンプレミアム、一昨年の3着馬キセキも参戦。いずれも東京のG1でアーモンドアイとともに馬券になっている実績の持ち主で、引き続き侮れない。2018年の有馬記念を制したブラストワンピース、香港G1を2勝しているウインブライトなども顔を揃え、デアリングタクトとコントレイルの3冠達成で盛り上がりを見せた3歳クラシックに負けないくらい贅沢なレースを楽しめそうだ。

天皇賞(秋) 過去の成績

馬名 性齢 人気 斤量 騎手 通過順 着差 上がり 厩舎 馬体重 母父 前走 前着
2019/10/27(日)  晴 良 東京芝2000m 16頭
1 2 アーモンドアイ 牝4 1 56.0 Cルメ 国枝栄 480(-4) -⑤⑥⑤ 1:56.2 33.8 ロードカナロア サンデーサイレンス 安田記 3
2 9 ダノンプレミアム 牡4 3 58.0 川田将 ダノンプレミアム -⑤⑤③ 34.5 中内田 508(+4) ディープインパクト Intikhab 安田記 16
3 5 アエロリット 牝5 6 56.0 戸崎圭 アエロリット -①①① クビ 34.8 菊沢隆 516(0) クロフネ ネオユニヴァース 毎日王 2
単勝
160
3複 ②⑤⑨
3,210
馬連 ②⑨
920
3単 ②⑨⑤
8,860
2018/10/28(日)  晴 良 東京芝2000m 13頭
1 4 レイデオロ 牡4 2 58.0 Cルメ 藤沢和 482(-2) -⑥⑤⑤ 1:56.8 33.6 キングカメハメハ シンボリクリスエス 産経オ 1
2 9 サングレーザー 牡4 4 58.0 Jモレ サングレーザー -⑦⑦⑦ 11/4 33.4 浅見秀 476(-12) ディープインパクト DeputyMin 札幌記 1
3 10 キセキ 牡4 6 58.0 川田将 キセキ -①①① ハナ 34.7 中竹和 496(-8) ルーラーシップ ディープインパクト 毎日王 3
単勝
310
3複 ④⑨⑩
6,420
馬連 ④⑨
1,520
3単 ④⑨⑩
24,230
2017/10/29(日)  雨 不良 東京芝2000m 18頭
1 7 キタサンブラック 牡5 1 58.0 武豊 清水久 542(0) -⑪⑤② 2:08.3 38.5 ブラックタイド サクラバクシンオー 宝塚記 9
2 2 サトノクラウン 牡5 2 58.0 Mデム サトノクラウン -⑦②② クビ 38.6 堀宣行 498(+10) Marju Rossini 宝塚記 1
3 8 レインボーライン 牡4 13 58.0 岩田康 レインボーライン -⑩⑫⑤ 21/2 38.7 浅見秀 452(+8) ステイゴールド フレンチデピュティ 宝塚記 5
単勝
310
3複 ②⑦⑧
15,290
馬連 ②⑦
900
3単 ⑦②⑧
55,320

天皇賞・秋 馬券攻略法

①アーモンドアイ連覇の可能性は?

今年の天皇賞・秋(G1、東京芝2000m)は、昨年の覇者アーモンドアイの断然人気が予想されます。

しかし、3走前の有馬記念では単勝1.5倍で9着に大敗。前走の安田記念でもグランアレグリアの2着に敗れるなど、牡牝クラシック3冠を無敗で制したデアリングタクト、コントレイルと違い、近走の成績にムラがあるのは事実です。

そこで今回は「アーモンドアイ連覇の可能性」に、多方面から迫ってみたいと思います!

◆久々はどうなの?
昨年の天皇賞・秋では、安田記念3着以来の実戦ながら3馬身差の圧勝。今年も同様の臨戦過程だけに、久々は割引材料となりません。

安田記念はヴィクトリアマイルからデビュー以来初めて中2週での出走で2着に敗れました。休養明けのときこそ結果を出してきたアーモンドアイにとって、このローテーションはプラスに働く可能性があります。

◆牝馬の成績は?
天皇賞・秋で『牝馬』は来るのか?実は、過去10年で[2-2-1-8]勝率15.4%、連対率30.8%、複勝率38.5%と好成績なんです。昨年は出走馬のうち2頭しかいなかった牝馬が1、3着でした。

出走頭数が少ない理由は、天皇賞・秋の2週後には牝馬限定のG1エリザベス女王杯が行われるから。にもかかわらず、牡馬の強豪との対戦を選択してきた陣営が掴んでいる手応えが、そのまま結果として表れているのでしょう。

▼天皇賞・秋で好走した牝馬(過去10年)
19年
1着 アーモンドアイ (1人気)
3着 アエロリット (6人気)

14年
2着 ジェンティルドンナ (2人気)

13年
2着 ジェンティルドンナ (1人気)

10年
1着 ブエナビスタ (1人気)

上記の牝馬たちはすべて天皇賞・秋の前にもG1を勝っていました。天皇賞・秋は、強い牝馬なら牡馬相手でも勝ち負けできるレースと言えます。

◆2020年のトレンド!
2020年の古馬芝G1では、顕著な傾向が出ています。驚くべきことにメロディーレーン(11着)が紅一点で参戦した天皇賞・春(G1)を除き、すべて牝馬が勝っているのをご存知ですか?

▼2020年の古馬芝G1を勝った牝馬
高松宮記念   モズスーパーフレア (9人気)
大阪杯     ラッキーライラック (2人気)
安田記念    グランアレグリア  (3人気)
宝塚記念    クロノジェネシス  (2人気)
スプリンターズS グランアレグリア  (1人気)

過去の傾向や今年のトレンドを見ても、アーモンドアイが連覇を成し遂げる可能性は十分。「JRA史上初の芝G1レース8勝」という新たな歴史が刻まれるか注目です!

②本当に「休み明け」は不利なのか

今年の天皇賞・秋(G1、東京芝2000m)は、出走12頭のうち7頭が春以来の『休み明け』で臨みます。

近年は外厩施設の充実などにより、前哨戦を使わずにG1へ向かう有力馬が続出。先日無敗で牝馬3冠制覇の偉業を達成したデアリングタクトも、オークスからのぶっつけ本番で秋華賞を勝利しました。

そこで今回は「本当に休み明けは不利なのか?」というテーマで掘り上げていくと……。驚くべき事実が判明しました!

論より証拠。過去5年の天皇賞・秋における前走レース間隔別成績をご覧ください。

▼前走レース間隔別成績(過去5年)
1~ 6週[2-1-4-37]複勝率15.9%
7~12週[1-1-0-13]複勝率13.3%
13~25週[2-3-1-12]複勝率33.3%
半年~ [0-0-0- 2]複勝率 0.0%

補足として「1~6週」に当てはまるレースは中2週の毎日王冠や京都大賞典、中5週のオールカマーなどの前哨戦が中心。「7~12週」は夏の札幌記念や新潟記念、「13~25週」は安田記念と宝塚記念が中心です。

安田及び宝塚記念組は4ヶ月以上の休養明けながら、該当馬の3頭に1頭が馬券に絡んでいる計算です。「休み明けはマイナス」という常識は、もはや捨てたほうがいい概念でしょう。

今年のメンバーで前走からのレース間隔「13~25週」に当てはまるのは、

安田記念組:アーモンドアイダノンキングリーダノンプレミアム

宝塚記念組:クロノジェネシスブラストワンピース

昨年の天皇賞・秋では1着アーモンドアイ、2着ダノンプレミアムと、前走安田記念組でワンツー。2017年には勝ったキタサンブラックを筆頭に1~3着を宝塚記念組が独占しています。

もはや「休み明け」という理由で評価を下げる必要は全くありません。むしろ、『休み明けを嫌われて人気を落とした馬こそ買い』でしょう!

天皇賞・秋の枠順&出走馬データを見る→

③好配当を狙える「穴馬の法則」

天皇賞・秋(G1、東京芝2000m)には、多くのファンが気づいていない「穴パターン」があります。

驚かないでください。2018~19年と2年連続で馬券に絡んでいる人気薄の共通点が『逃げ馬』。これだけで好配当をGETできちゃうんです!

▼4コーナー先頭だった馬(直近2年)
19年3着 アエロリット (6人気)
18年3着 キセキ    (6人気)

直線の長い東京コースだと、何となく逃げ馬は不利なイメージがありますよね?

しかし、実際は全く逆です。東京芝2000mで4コーナー先頭だった馬の成績は過去5年で[18-16-8-60]勝率17.6%、連対率33.3%、複勝率41.2%と信頼度バツグンです。

▼秋の東京芝2000m脚質別成績(2015年~先週)
逃げ [18-16- 8- 60]複勝率41.2%
先行 [41-38-34-246]複勝率37.6%
差し [36-24-36-283]複勝率25.3%
追込 [ 5-20-21-297]複勝率13.4%

2020年の秋開催でも先週まで7レース行われた芝2000m戦で、4コーナー先頭の馬が[3-3-0-1]勝率42.3%、連対率85.7%と大活躍。これは条件戦に限った話ではなく、オクトーバーS(オープン)でも逃げたパンサラッサ(4人気)が2着に粘り込みました。

今年の天皇賞・秋で何が何でもハナを切りたい馬は見当たりません。候補に挙がるのは前走の新潟記念で逃げて2着のジナンボー、近5走で4コーナー先頭の競馬をしているダイワキャグニーダノンキングリーあたり。過去のレース傾向から、4コーナー先頭の馬がそのまま粘り込みがあっても驚けません!

レジェンド騎手・アンカツの決断!

先週の菊花賞は自信の◎コントレイルから1~3着パーフェクト的中!スプリンターズSもバッチリ当て、秋G1も絶好調の「アンカツ」こと安藤勝己さん。

今週の天皇賞・秋(G1、東京芝2000m)も、2006年のダイワメジャーで勝利した元ジョッキーの視点からズバリ予想します!

☆ポイント☆アーモンドアイを負かすなら?

東京芝2000mは強い馬に有利。言い方を変えれば『ごまかし』が利かない、能力がそのまま結果として反映されやすい舞台だと思う。

2006年に私が騎乗して勝ったダイワメジャー(4人気)は、瞬発力勝負にならなければ勝てる手応えはあった。理想的なレースで結果を出すことができたね。

2008年2着したダイワスカーレット(2人気)は休み明けでテンションが高く、かなり速いペースの逃げになってしまった。直線で馬群に沈むと思ったんだけど、勝ったウオッカと長い写真判定の末にハナ差の2着。馬の能力が高かかったとしか言いようがない。

2010年に2着だったペルーサ(4人気)も、かなり能力が高かった。出遅れて後ろからになったぶん届かなかったけど、課題のスタートを決めてブエナビスタの直後くらいに付けられていれば差し切れた自信はあるよ。

話を今年の天皇賞・秋に戻すと、アーモンドアイにとって東京芝2000mはベスト条件。ルメールも位置取りにこだわらず、馬のリズムに合わせて乗ればいいだけ。ぶっつけ本番のローテーションは圧勝した昨年と同じ。もはや不安材料にはならない。

もしアーモンドアイを負かす可能性があるとすれば、ペルーサみたいに瞬発力に優れた東京向きの馬だろうね。私が乗り方次第で面白いと思っている馬も、末脚は確かなものを持っている。アーモンドアイ相手でも際どい勝負に持ち込めるかもしれない。

先週の菊花賞は◎コントレイルから2、3着までキッチリ当てることができた。天皇賞・秋の最終結論◎○▲は、「メガ盛りWEB新聞」で無料公開するので、ぜひ皆さんのお役に立てればと思う。

アンカツのG1予想を見る⇒

絶好調!強力予想陣の本命馬は?

いよいよ今日11月1日(日)、東京競馬場で天皇賞・秋(G1、東京芝2000m)が行われます!皆さんの予想は決まりましたか?

2020年のG1シリーズもヒットを連発!先週の菊花賞は「アンカツ」こと安藤勝己さん、大島麻衣さんはじめ的中ラッシュ!

秋華賞でも血統予想の水上学さんが『お宝馬』として指名した穴馬マジックキャッスル(10人気)で2着に激走するなど、穴馬もバッチリ仕留めています。

今週も、絶好調の予想陣が選んだ自信の本命馬◎が揃いました!総勢13人のプロたちから最も支持を集めたのは……!?

本命は決まったアナタも、相手で迷っているアナタも、予想の参考にしてみてください!

本命◎ ⑨アーモンドアイ 8/10人中
元JRA騎手・増沢末夫

元JRA調教師・小原伊佐美

元JRA騎手・東信二

元JRA騎手・谷中公一

元JRA騎手・吉沢宗一

地獄耳トラックマン・古川幸弘

大島麻衣

おえかき騎手予想・森田アイ

本命◎ ④ダノンキングリー 1/10人中
重賞データFILE

本命◎ ⑧キセキ 1/10人中
坂路王

▼大人気予想家の◎本命馬◎も要チェック▼
アンカツ

水上学

やーしゅん

天皇賞(秋)特集 コンテンツ

天皇賞(秋) コース解析

東京競馬場 芝2000m
東京競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

天皇賞(秋) レース概要

1937年に「帝室御賞典」としてスタート。前身を遡ると、1905年の「エンペラーズカップ」が起源とされる日本のG1の中でも最も長い歴史と伝統を持つ一戦。秋はグレード制が導入された1984年より3200mから2000mに距離を短縮。その初年度にはミスターシービーが鮮やかな復活を果たした。古馬王道路線のスタートだが、近年は距離適性を重視して菊花賞をパスした3歳馬の参戦も見られ、数多くの名馬をターフに送り出している。
  • twitter
  • facebook
  • line