びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録

(GⅠ) 天皇賞(秋)  特集

2020/11/1(日)東京

サラ系3歳上  芝2000m  

天皇賞(秋)特集 コンテンツ

  • 10月31日(土)
    19時頃公開

    【】メガ盛WEB新聞

    2020/10/31(土)

    全重賞レースの注目馬&予想に役立つデータが満載!
  • 10月31日(土)
    19時頃公開

    水上学の血統トレジャーハンティング

    2020/10/31(土)

    東大卒の天才が勝利へ導く!
  • 10月31日(土)
    17時頃公開

    大島の麻衣STYLE

    2020/10/31(土)

    ドバイで日本馬の2勝という快挙を見届けた勝利の女神!
  • 10月25日(日)
    18時頃公開

    馬体FOCUS

    2020/10/25(日)

    馬体診断のイチオシ+特注馬!
  • 10月31日(土)
    19時頃公開

    坂路王

    2020/10/31(土)

    馬券になる好調教馬をピックアップ!
  • 10月26日(月)
    19時頃公開

    重賞データファイル

    2020/10/26(月)

    あなたが選ぶ本命馬はこのデータをかいくぐれるか?
  • 10月25日(日)
    19時頃公開

    コースデータ超分析

    2020/10/25(日)

    買い or 消しの法則&注目馬を見逃すな!
  • 10月29日(木)
    18時頃公開

    社台&ノーザン軍団+外厩を攻略!

    2020/10/29(木)

    社台&ノーザン軍団+外厩を攻略!
  • 10月28日(水)
    17時頃公開

    ザ・インタビューSP

    2020/10/28(水)

    有力馬陣営を直撃インタビュー!
  • 11月01日(日)
    18時頃公開

    過去10年成績一覧

    2020/11/01(日)

    過去10年の成績・前走・血統傾向一覧を掲載

天皇賞(秋) 過去の成績

馬名 性齢 人気 斤量 騎手 通過順 着差 上がり 厩舎 馬体重 母父 前走 前着
2019/10/27(日)  晴 良 東京芝2000m 16頭
1 2 アーモンドアイ 牝4 1 56.0 Cルメ 国枝栄 480(-4) -⑤⑥⑤ 1:56.2 33.8 ロードカナロア サンデーサイレンス 安田記 3
2 9 ダノンプレミアム 牡4 3 58.0 川田将 ダノンプレミアム -⑤⑤③ 34.5 中内田 508(+4) ディープインパクト Intikhab 安田記 16
3 5 アエロリット 牝5 6 56.0 戸崎圭 アエロリット -①①① クビ 34.8 菊沢隆 516(0) クロフネ ネオユニヴァース 毎日王 2
単勝
160
3複 ②⑤⑨
3,210
馬連 ②⑨
920
3単 ②⑨⑤
8,860
2018/10/28(日)  晴 良 東京芝2000m 13頭
1 4 レイデオロ 牡4 2 58.0 Cルメ 藤沢和 482(-2) -⑥⑤⑤ 1:56.8 33.6 キングカメハメハ シンボリクリスエス 産経オ 1
2 9 サングレーザー 牡4 4 58.0 Jモレ サングレーザー -⑦⑦⑦ 11/4 33.4 浅見秀 476(-12) ディープインパクト DeputyMin 札幌記 1
3 10 キセキ 牡4 6 58.0 川田将 キセキ -①①① ハナ 34.7 中竹和 496(-8) ルーラーシップ ディープインパクト 毎日王 3
単勝
310
3複 ④⑨⑩
6,420
馬連 ④⑨
1,520
3単 ④⑨⑩
24,230
2017/10/29(日)  雨 不良 東京芝2000m 18頭
1 7 キタサンブラック 牡5 1 58.0 武豊 清水久 542(0) -⑪⑤② 2:08.3 38.5 ブラックタイド サクラバクシンオー 宝塚記 9
2 2 サトノクラウン 牡5 2 58.0 Mデム サトノクラウン -⑦②② クビ 38.6 堀宣行 498(+10) Marju Rossini 宝塚記 1
3 8 レインボーライン 牡4 13 58.0 岩田康 レインボーライン -⑩⑫⑤ 21/2 38.7 浅見秀 452(+8) ステイゴールド フレンチデピュティ 宝塚記 5
単勝
310
3複 ②⑦⑧
15,290
馬連 ②⑦
900
3単 ⑦②⑧
55,320

天皇賞(秋) コース解析

東京競馬場 芝2000m
東京競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

天皇賞(秋) レース概要

1937年に「帝室御賞典」としてスタート。前身を遡ると、1905年の「エンペラーズカップ」が起源とされる日本のG1の中でも最も長い歴史と伝統を持つ一戦。秋はグレード制が導入された1984年より3200mから2000mに距離を短縮。その初年度にはミスターシービーが鮮やかな復活を果たした。古馬王道路線のスタートだが、近年は距離適性を重視して菊花賞をパスした3歳馬の参戦も見られ、数多くの名馬をターフに送り出している。
  • twitter
  • facebook
  • line