びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

JRAデータ公式 データベース検索
新規会員登録

PR

(GⅠ) 東京優駿  特集

(日本ダービー)

2020/5/31(日)2回東京12日目

サラ系3歳 (国) 牡・牝 (指) 定量 芝2400m 18頭 15:40発走

ウェブ新聞公開中

東京優駿(GⅠ)ウェブ新聞は5/30(土)よる公開!

東京優駿特集 コンテンツ

東京優駿 簡易出馬表

馬名 性齢 想定騎手 調教師 母父 前走

馬名 性齢 斤量 想定騎手 調教師 母父 前走

牡3 57.0 毎日杯 1 2
牡3 57.0 皐月賞 17 4
牡3 57.0 3歳未 2 1
牡3 57.0 皐月賞 8 3
牡3 57.0 皐月賞 10 17
牡3 57.0 皐月賞 13 7
牡3 57.0 皐月賞 1 1
牡3 57.0 NHK 3 13
牡3 57.0 皐月賞 2 5
牡3 57.0 皐月賞 3 2
牡3 57.0 鳳雛S 3 14
牡3 57.0 皐月賞 6 6
牡3 57.0 京都新 4 1
牡3 57.0 プリン 2 1
牡3 57.0 皐月賞 12 9
牡3 57.0 新緑賞 5 1
牡3 57.0 皐月賞 7 13
牡3 57.0 京都新 3 2
牡3 57.0 青葉賞 5 5
牡3 57.0 皐月賞 9 11
牡3 57.0 デプ記 1 2
牡3 57.0 青葉賞 4 2
牡3 57.0 皐月賞 4 8
馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上り 通過順 単勝 人気 馬体重

東京優駿 ステップレース

  • 1

    2020/4/19 中山11R 芝2000m

    1着
    コントレイル
    福永祐一(1人気)
    2着
    サリオス
    Dレーン(3人気)
    3着
    ガロアクリーク
    Lヒューイッ(8人気)
  • 2

    テレビ東京杯青葉賞B

    2020/5/2 東京11R 芝2400m

    1着
    オーソリティ
    Lヒューイッ(3人気)
    2着
    ヴァルコス
    三浦皇成(4人気)
    3着
    フィリオアレグロ
    Dレーン(1人気)

東京優駿 歴代優勝馬

開催日 開催 天気 R 距離 馬場 タイム 勝ち馬 騎手 調教師 2着馬(同着含)
2019/05/26 2回東京12日 11 芝2400m 2:22.6 ロジャーバローズ 浜中俊 角居勝 ダノンキングリー
2018/05/27 2回東京12日 10 芝2400m 2:23.6 ワグネリアン 福永祐 友道康 エポカドーロ
2017/05/28 2回東京12日 10 芝2400m 2:26.9 レイデオロ Cルメ 藤沢和 スワーヴリチャード
2016/05/29 2回東京12日 10 芝2400m 2:24.0 マカヒキ 川田将 友道康 サトノダイヤモンド
2015/05/31 2回東京12日 10 芝2400m 2:23.2 ドゥラメンテ Mデム 堀宣行 サトノラーゼン
2014/06/01 2回東京12日 10 芝2400m 2:24.6 ワンアンドオンリー 横山典 橋口弘 イスラボニータ
2013/05/26 2回東京12日 10 芝2400m 2:24.3 キズナ 武豊 佐々木 エピファネイア
2012/05/27 2回東京12日 10 芝2400m 2:23.8 ディープブリランテ 岩田康 矢作芳 フェノーメノ
2011/05/29 3回東京4日 11 芝2400m 2:30.5 オルフェーヴル 池添謙 池江泰 ウインバリアシオン
2010/05/30 3回東京4日 10 芝2400m 2:26.9 エイシンフラッシュ 内田博 藤原英 ローズキングダム

東京優駿 コース解析

東京競馬場 芝2400m
東京競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

日本ダービー、オークス、ジャパンCと、日本を代表する大レースが行われる舞台。最初のコーナーまでの距離はおよそ350m。ゴール板を一度通過、コースを一周する。

基本的には長距離戦とあって、スローペースからの瞬発力勝負になることが多いのだが、逃げ馬のペースによって勝ち馬の脚質は様々。チャンピオンを決するコースらしく、スピード、スタミナがバランス良く求められ、逃げ切りは難しい。

2018年のジャパンCでアーモンドアイが世界レコード2:22.1(良)を1.5秒縮める2:20.6(良)をマーク。

  • 騎手
  • 調教師
  • 枠番
  • 順位 騎手 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 13 10 4 11 34.2% 67.9%
    2 5 3 6 21 14.3% 76.9%
    3 5 3 4 13 20.0% 90.4%
    4 5 1 0 11 29.4% 237.1%
    5 3 7 4 22 8.3% 36.7%
  • 順位 調教師 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 8 3 5 26 19.0% 48.8%
    2 7 4 2 11 29.2% 87.5%
    3 4 0 0 1 80.0% 276.0%
    4 3 4 2 14 13.0% 34.8%
    5 3 2 0 16 14.3% 102.9%
  • 順位 枠番 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 2 11 7 11 64 11.8% ---
    2 1 9 10 8 59 10.5% ---
    3 6 11 10 9 85 9.6% ---
    4 5 10 6 9 80 9.5% ---
    5 8 11 13 11 97 8.3% ---

※集計期間:2018年1月1日から現在まで

買いの法則

1枠

勝率10.8%、連対率20.7%、複勝率27%はすべてトップの数字。

関西所属で勝ち星2位。(7.3.4.13)勝率25.9%、複勝51.9%で回収率は単勝、複勝とも100%超え。

(8.4.2.20)で勝率23.5%、複勝率41.2%と優秀。

消しの法則

(0.1.0.15)と不振。

(0.1.3.13)で連対率3.7%。

東京優駿 レース概要

クラシック三冠レースの第二弾。イギリスのダービーステークスをモデルに1932年目黒競馬場で『東京優駿大競走』として創設。第3回より現在の東京競馬場(府中)に施行場を移した以外は距離、施行場とも変更されていない。レース名は1938年に『東京優駿競走』に変更、戦後いくつか細かな変更があったのち、1964年より現在の『東京優駿(日本ダービー)』で行われている。“競馬の祭典”とも呼ばれる世代最高峰のクラシックレースらしく、勝ち馬には時代を彩った名馬が名を連ね、このレースに勝つことは「ホースマン最高の栄誉」とされる。
  • twitter
  • facebook
  • line