新規会員登録

PR

(GⅡ) 京都大賞典  特集

2020/10/11(日)4回京都2日目

サラ系3歳上オープン (国)(指) 別定 芝2400m 17頭 15:35発走

【京都大賞典2020 予想まとめ】1番人気が3連敗中!波乱含みのG1前哨戦で「激走パターン」発見!出走予定馬/想定騎手

10月11日(日)、秋の中長距離G1路線へ向けての前哨戦・京都大賞典(G2、芝2400m)が行われます。同週に行われる毎日王冠と比較して、今年も長距離指向の強いメンバーが揃う注目の一戦。勝ち馬には天皇賞・秋(G1)の優先出走権が与えられます。

京都大賞典 レース結果

馬名 性齢 想定騎手 調教師 母父 前走

牡6 宝塚記念 6 2
牡5 宝塚記念 5 17
牡9 ステイヤーズ 1 2
牡8 鳴尾記念 10 1
セ6 宝塚記念 10 9
牡8 ステイヤーズ 6 1
牝5 スプリンター 14 15
牡4 目黒記念 1 1
牡5 新潟記念 9 16
牡5 函館記念 3 3
牡7 ケフェウスS 5 10
牡4 宝塚記念 16 5
牡4 宝塚記念 11 8
牡5 丹頂S 7 3
牡7 函館記念 13 2
牡5 天皇賞(春) 9 14
2020年9月9日更新
馬名 性齢 斤量 想定騎手 調教師 母父 前走

牡5 56.0 新潟記 9 16
牡9 56.0 ステイ 1 2
牝4 54.0 博多S 1 1
牡6 57.0 宝塚記 6 2
牡4 57.0 目黒記 1 1
牡5 58.0 宝塚記 5 17
牡5 56.0 天皇賞 9 14
牡5 56.0 産経オ 3 3
牡5 56.0 丹頂S 7 3
セ6 56.0 宝塚記 10 9
牡7 56.0 函館記 13 2
牡7 56.0 ケフェ 5 10
牡5 56.0 函館記 3 3
牡4 56.0 丹頂S 8 11
牡8 56.0 鳴尾記 10 1
牝5 54.0 ケフェ 7 5
牡8 57.0 ステイ 6 1
牡7 56.0 ダイヤ 12 13
馬名 性齢 斤量 騎手 単勝 人気 馬体重 調教師
1 1 セ6 56.0 8.8 5 498(+10)
1 2 牡6 57.0 3.5 1 502(0)
2 3 牡5 56.0 13.6 8 472(-10)
2 4 牡5 56.0 71.3 11 494(-2)
3 5 牡7 56.0 87.5 12 498(+6)
3 6 牡5 56.0 7.3 4 466(+2)
4 7 牡7 56.0 370.8 17 464(+12)
4 8 牝4 54.0 11.2 7 558(+6)
5 9 牡8 57.0 247.7 16 488(+4)
5 10 牡9 56.0 171.2 15 488(+16)
6 11 牡5 56.0 43.3 10 474(-2)
6 12 牡7 56.0 128.6 14 476(+4)
7 13 牡5 58.0 6.2 3 456(-4)
7 14 牡5 56.0 94.4 13 456(+6)
8 15 牡8 56.0 9.9 6 468(+2)
8 16 牝5 54.0 37.9 9 468(-2)
8 17 牡4 57.0 5.2 2 492(0)

※2020年10月11日15時42分現在のオッズです。結果・成績などのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認して下さい。

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上り 通過順 単勝 人気 馬体重
1 7 13 牡5 58.0 2:25.6 34.5 ⑤⑤⑤⑤ 6.2 3 456(-4)
2 1 2 牡6 57.0 2:25.7 3/4 34.3 ⑰⑰⑪⑦ 3.5 1 502(0)
3 8 17 牡4 57.0 2:25.9 34.4 ⑪⑨⑪⑫ 5.2 2 492(0)
4 2 3 牡5 56.0 2:25.9 クビ 34.6 ⑦⑦⑦⑨ 13.6 8 472(-10)
5 3 6 牡5 56.0 2:26.0 1/2 35.2 ④④③② 7.3 4 466(+2)
6 8 15 牡8 56.0 2:26.1 クビ 34.9 ⑧⑧⑨⑦ 9.9 6 468(+2)
7 1 1 セ6 56.0 2:26.1 クビ 35.5 ①①①① 8.8 5 498(+10)
8 7 14 牡5 56.0 2:26.1 アタマ 34.4 ⑫⑫⑭⑭ 94.4 13 456(+6)
9 6 11 牡5 56.0 2:26.2 1/2 35.4 ③③③② 43.3 10 474(-2)
10 4 8 牝4 54.0 2:26.3 クビ 35.6 ②②②② 11.2 7 558(+6)
11 4 7 牡7 56.0 2:26.7 21/2 35.1 ⑫⑫⑪⑬ 370.8 17 464(+12)
12 3 5 牡7 56.0 2:27.1 21/2 36.0 ⑤⑤⑤⑤ 87.5 12 498(+6)
13 8 16 牝5 54.0 2:27.2 1/2 35.2 ⑭⑭⑮⑯ 37.9 9 468(-2)
14 2 4 牡5 56.0 2:27.3 1/2 35.9 ⑨⑨⑨⑨ 71.3 11 494(-2)
15 6 12 牡7 56.0 2:27.4 1/2 35.5 ⑭⑭⑮⑯ 128.6 14 476(+4)
16 5 9 牡8 57.0 2:27.9 36.6 ⑨⑨⑦⑨ 247.7 16 488(+4)
17 5 10 牡9 56.0 2:28.1 3/4 36.3 ⑯⑯⑮⑮ 171.2 15 488(+16)

払い戻し

単勝 13 620円 馬単 13-2 2,590円
複勝 13
2
17
240円
180円
210円
ワイド 2-13
13-17
2-17
580円
1,010円
670円
枠連 1-7 970円 3連複 2-13-17 3,280円
馬連 2-13 1,170円 3連単 13-2-17 17,470円

京都大賞典のトレンド

波乱含み!1番人気が3連敗中

秋の京都開催の開幕週に行われるレースで、2017年以降は1番人気が3連敗中。例年スローペースの瞬発力勝負になりやすく、速い上がりへの対応力が求められる。

昨年はダンビュライトがミドルペース作り、好位追走から渋太く脚を伸ばしたドレッドノータスが勝利。先行した人気薄のワンツーで、3連単配当181万1410円の波乱を演出した。

京都大賞典 過去の成績

馬名 性齢 人気 斤量 騎手 通過順 着差 上がり 厩舎 馬体重 母父 前走 前着
2019/10/06(日)  晴 良 京都芝2400m 17頭
1 7 ドレッドノータス セ6 11 56.0 坂井瑠 矢作芳 458(-12) ③③③③ 2:23.5 34.9 ハービンジャー サンデーサイレンス 丹頂S 5
2 14 ダンビュライト 牡5 6 57.0 松若風 ダンビュライト ①①①① 11/4 35.4 音無秀 494(+12) ルーラーシップ サンデーサイレンス 大阪杯 9
3 6 シルヴァンシャー 牡4 5 56.0 浜中俊 シルヴァンシャー ⑩⑪⑩⑦ 3/4 35.1 池江泰 480(0) ディープインパクト JadeHunte 御堂筋 1
単勝
9,070
3複 ⑥⑦⑭
234,720
馬連 ⑦⑭
53,720
3単 ⑦⑭⑥
1,811,410
2018/10/08(月)  晴 良 京都芝2400m 11頭
1 2 サトノダイヤモンド 牡5 2 57.0 川田将 池江泰 512(+4) ⑥⑥⑦④ 2:25.4 34.1 ディープインパクト Orpen 宝塚記 6
2 4 レッドジェノヴァ 牝4 4 54.0 池添謙 レッドジェノヴァ ④④④⑨ 1/2 34.3 小島茂 486(0) シンボリクリスエス ホワイトマズル WA2 1
3 5 アルバート 牡7 3 57.0 Jモレ アルバート ⑨⑨⑨⑥ 13/4 34.4 堀宣行 478(-2) アドマイヤドン ダンスインザダーク 宝塚記 13
単勝
230
3複 ②④⑤
5,900
馬連 ②④
1,730
3単 ②④⑤
19,420
2017/10/09(月)  晴 良 京都芝2400m 15頭
1 4 スマートレイアー 牝7 4 54.0 武豊 大久保 470(-6) ⑪⑪⑬⑭ 2:23.0 33.4 ディープインパクト ホワイトマズル 鳴尾記 2
2 8 トーセンバジル 牡5 6 56.0 岩田康 トーセンバジル ③③③② 1/2 34.2 藤原英 482(-2) ハービンジャー フジキセキ 新潟記 7
3 3 シュヴァルグラン 牡5 1 57.0 Mデム シュヴァルグラン ⑭⑭⑨⑥ クビ 34.0 友道康 472(+2) ハーツクライ Machiavel 宝塚記 8
単勝
860
3複 ③④⑧
2,950
馬連 ④⑧
4,300
3単 ④⑧③
31,790

京都大賞典のポイント

①G1を見据える実力馬の状態は?

中長距離G1の常連・キセキが秋初戦を迎える。前走の宝塚記念で道中の折り合いもスムーズで、後方からマクる競馬で2着を確保。新味を見せたレース内容は悪くないものだった。今回もどのようなテンションで臨むことができるかがカギになりそうだ。

グローリーヴェイズは京都巧者。前走の宝塚記念は出遅れに加えて重馬場も堪えたようで、能力を出し切れずに終わってしまった印象。昨年の京都大賞典は1番人気に応えられず6着。リベンジを果たせるか否かは、この中間の調整過程をしっかりチェックしておく必要があるだろう。

他にも約1年1カ月ぶりの長期休養明けで鳴尾記念を制したパフォーマプロミスや、昨年逃げ粘って2着のダンビュライトなど、G1を見据える実力馬の仕上がりが最大のポイントだ。

②今週から使える「馬体重予想」

先週のスプリンターズS(G1)はいかがでしたか?「アウィルアウェイを買っていなくてハズレた……」というファンも多かったでしょう。

好配当をゲットするためには、世間が軽視している人気薄の激走を予測することが不可欠。先週のアウィルアウェイも含め、4週連続で2ケタ人気の爆穴馬を推奨しているのが『馬体重予想』です!

これがスゴいんですよ。レースによって異なる「好走馬体重ゾーン」に入った馬を買うだけで、誰でもカンタンに狙い馬を導き出すことができます。

京都大賞典(G2)の気になる「好走馬体重ゾーン」は……

『480~499キロ』です!

▼京都大賞典の馬体重別成績(過去10年)
459以下 [1-0-1-10]複勝率16.7%
460~479[2-0-4-28]複勝率17.6%
480~499[3-7-4-28]複勝率33.3%
500以上 [4-3-1-23]複勝率25.8%

昨年も「好走馬体重ゾーン」に入っていた人気薄が激走。2着だったダンビュライト(当時494キロ)、3着のシルヴァンシャー(当時480キロ)は、今年も出走予定です。

その他では、キングオブコージ(前走492キロ)などが「好走馬体重ゾーン」に該当する可能性が高い馬といえます。

注意していただきたいのは、当日の馬体重の発表です。先週のアウィルアウェイは、前走から4キロ減の478キロでスプリンターズSの「好走馬体重ゾーン」該当馬となり、3着に激走しました。

馬体重は前走からの増減だけを見ていませんか?今週からは「好走馬体重ゾーン」に入っているかを確認してください!

出走馬の馬体重をチェック→

③まだあるぞ「激走穴馬の法則」

京都大賞典(G2、京都芝2400m)は、昨年11人気→6人気→5人気の組み合わせで大波乱。今年も「多頭数だから荒れそう」「圧倒的な本命もいないし難しい」という印象を持っていませんか?

歴代の勝ち馬を振り返ってみてください。サトノダイヤモンド、キタサンブラック、ラブリーデイと、大レースで活躍した名馬がズラリ。長距離戦の別定G2では何よりも格が問われ、実績馬に有利な舞台と言えるでしょう。

実際に『前走G1で走っていた馬』は過去10年で[5-5-8-23]で複勝率43.9%。さらに『前走宝塚記念』を走っていた馬に限定すると[5-1-5-11]勝率22.2%、連対率27.3%、複勝率50%まで上昇します。

意外にも、今年は『前走G1を走っていた馬』が4頭と少ないんです。中でも『宝塚記念組』はキセキグローリーヴェイズダンビュライトの3頭しかいません!ぜひ馬券候補に入れてみてください!

データ分析班オススメの1頭を見る→

水上学ほか強力予想陣の本命馬は?

京都大賞典(G2)の舞台となる京都芝2400mには、絶対に馬券を押さえておきたい『激アツ血統』が存在します。

▼京都芝2400mの種牡馬別成績(2018年1月~先週)
1位 ディープインパクト[12-8-8-37]複勝率43.1%
2位 ステイゴールド [ 6-6-4-23]複勝率41.0%
- - - - -
6位 オルフェーヴル [ 3-2-3- 9]複勝率47.1%

注目は2位の『ステイゴールド』産駒と、6位の『オルフェーヴル』産駒です。

2015年2月に亡くなった父ステイゴールドは、残り少ない産駒から京都芝2400mで激走馬が続出。京都大賞典と同舞台の19年日経新春杯(G2)では、2着ルックトゥワイス、3着シュペルミエールと産駒2頭が馬券に絡んでいます。

ステイゴールドの息子・オルフェーヴルの産駒も負けておらず、20年烏丸S(3勝クラス、京都芝2400m)でショウリュウイクゾが2着。シルヴァーソニックが7番人気で3着に激走しており、複勝率47.1%は1位ディープインパクト産駒を上回る好成績なのをご存知ですか?

そして気になる今年の該当馬はコチラ。

ステイゴールド産駒:ステイフーリッシュパフォーマプロミス
オルフェーヴル産駒:バイオスパーク

3頭とも配当妙味が見込める伏兵候補だけに、狙って面白い存在でしょう。

血統予想といえば、東大卒の天才予想家・水上学さんの最終結論にも注目です。

キセキ、グローリーヴェイズ、ダンビュライトなどが出走した宝塚記念は、本命◎クロノジェネシスが6馬身差の圧勝劇に加えて、単勝万馬券のお宝馬☆モズベッロ(12人気)が3着に激走!

天皇賞・春でも本命◎フィエールマンが1着、2着に『激アツ種牡馬』のステイゴールド産駒、スティッフェリオ(12人気)をお宝馬☆にズバリ指名!中・長距離戦を得意とする血統予想で、京都大賞典を仕留めましょう!

水上学の本命&穴馬を見る→

京都大賞典特集 コンテンツ

京都大賞典 コース解析

京都競馬場 芝2400m
京都競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

京都大賞典 レース概要

1966年に「ハリウッドターフクラブ賞」の名称で創設。第1回は京都競馬場の芝3200mで行われたが、翌1967年より芝2400mに短縮され、1974年より現在の名称となっている。東の毎日王冠とともに、秋の王道路線を狙う馬が多く出走し、勝ち馬にもタニノチカラ、テンポイント、スーパークリーク、メジロマックイーン、テイエムオペラオー、キタサンブラックといった時代を彩った名馬がズラリと並ぶ。また、1987年に武豊騎手がトウカイローマンで重賞初制覇を挙げたレースとしても知られる。なお、1着馬には天皇賞(秋)の優先出走権が与えられる。
  • twitter
  • facebook
  • line