新規会員登録

PR

(GⅠ) 秋華賞  特集

2020/10/18(日)4回京都4日目

サラ系3歳オープン (国) 牝 (指) 馬齢 芝2000m 18頭 15:40発走

【秋華賞2020 予想まとめ】本当にデアリングタクトで鉄板? 秋G1的中発進のアンカツほか強力予想陣が選ぶ本命&穴馬候補はコレだ!出走予定馬/想定騎手/馬券攻略法

10月18日(日)、牝馬3冠ロードの最終戦・秋華賞(G1、京都芝2000m)が行われます!今年の主役は無敗の2冠馬・デアリングタクト。快挙達成か?最大のライバルはどの馬か?馬券攻略のポイントを紹介していこう!

秋華賞 レース結果

馬名 性齢 斤量 想定騎手 調教師 母父 前走

牝3 55.0 ローズ 6 12
牝3 55.0 紫苑S 2 6
牝3 55.0 優駿牝 7 2
牝3 55.0 ローズ 11 3
牝3 55.0 ローズ 2 5
牝3 55.0 三面川 2 1
牝3 55.0 優駿牝 5 13
牝3 55.0 夕月特 1 1
牝3 55.0 3歳上2勝クラス 1 1
牝3 55.0 優駿牝 1 1
牝3 55.0 ローズ 4 4
牝3 55.0 紫苑S 10 2
牝3 55.0 ローズ 7 8
牝3 55.0 紫苑S 4 13
牝3 55.0 紫苑S 6 4
牝3 55.0 紫苑S 5 1
牝3 55.0 紫苑S 8 5
牝3 55.0 優駿牝 4 7
牝3 55.0 ローズ 14 2
牝3 55.0 ローズ 3 1
牝3 55.0 糸魚川 1 1
馬名 性齢 斤量 騎手 単勝 人気 馬体重 調教師
1 1 牝3 55.0 18.3 6 488(+20)
1 2 牝3 55.0 6.7 2 484(-4)
2 3 牝3 55.0 16.0 4 446(0)
2 4 牝3 55.0 119.4 13 484(-4)
3 5 牝3 55.0 15.4 3 480(+10)
3 6 牝3 55.0 316.1 18 526(+6)
4 7 牝3 55.0 70.2 11 444(+4)
4 8 牝3 55.0 54.7 9 470(0)
5 9 牝3 55.0 46.3 8 456(-2)
5 10 牝3 55.0 30.8 7 460(+2)
6 11 牝3 55.0 189.1 15 442(+2)
6 12 牝3 55.0 56.9 10 432(+10)
7 13 牝3 55.0 1.4 1 480(+14)
7 14 牝3 55.0 145.7 14 472(+6)
7 15 牝3 55.0 197.0 16 462(+2)
8 16 牝3 55.0 81.1 12 444(-8)
8 17 牝3 55.0 17.2 5 464(+12)
8 18 牝3 55.0 253.7 17 494(-2)

※2020年10月18日15時49分現在のオッズです。結果・成績などのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認して下さい。

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上り 通過順 単勝 人気 馬体重
1 7 13 牝3 55.0 2:00.6 35.8 ⑬⑬⑧⑤ 1.4 1 480(+14)
2 6 12 牝3 55.0 2:00.8 11/4 35.8 ⑪⑪⑪⑬ 56.9 10 432(+10)
3 4 8 牝3 55.0 2:00.9 3/4 35.7 ⑱⑱⑱⑫ 54.7 9 470(0)
4 8 16 牝3 55.0 2:00.9 ハナ 35.8 ⑮⑮⑮⑤ 81.1 12 444(-8)
5 7 15 牝3 55.0 2:01.5 31/2 36.7 ⑦⑧⑧⑮ 197.0 16 462(+2)
6 7 14 牝3 55.0 2:01.5 ハナ 36.6 ⑰⑰⑪⑤ 145.7 14 472(+6)
7 2 3 牝3 55.0 2:01.6 クビ 37.4 ①①①① 16.0 4 446(0)
8 4 7 牝3 55.0 2:01.7 1/2 36.7 ⑭⑬⑮⑮ 70.2 11 444(+4)
9 3 5 牝3 55.0 2:01.9 11/2 37.1 ⑪⑪⑪⑤ 15.4 3 480(+10)
10 6 11 牝3 55.0 2:02.1 11/4 37.5 ⑥⑥⑤⑤ 189.1 15 442(+2)
11 8 18 牝3 55.0 2:02.2 1/2 37.2 ⑨⑨⑪⑰ 253.7 17 494(-2)
12 3 6 牝3 55.0 2:02.2 クビ 37.0 ⑮⑮⑰⑰ 316.1 18 526(+6)
13 1 2 牝3 55.0 2:02.4 11/4 37.8 ⑤⑤⑤③ 6.7 2 484(-4)
14 1 1 牝3 55.0 2:02.9 38.4 ③④④③ 18.3 6 488(+20)
15 8 17 牝3 55.0 2:03.1 11/2 38.7 ③②②② 17.2 5 464(+12)
16 5 9 牝3 55.0 2:03.2 クビ 38.6 ⑦⑥⑤⑬ 46.3 8 456(-2)
17 5 10 牝3 55.0 2:03.8 31/2 39.0 ⑨⑨⑧⑤ 30.8 7 460(+2)
18 2 4 牝3 55.0 2:04.8 40.4 ②②②⑤ 119.4 13 484(-4)

払い戻し

単勝 13 140円 馬単 13-12 3,140円
複勝 13
12
8
110円
540円
590円
ワイド 12-13
8-13
8-12
940円
750円
9,310円
枠連 6-7 2,580円 3連複 8-12-13 17,920円
馬連 12-13 2,670円 3連単 13-12-8 44,110円

秋華賞のポイント

①牝馬3冠達成の確率は80%!?

秋華賞(G1、京都芝2000m)で牝馬3冠を狙ったのは過去に5頭いた。そのうち、2009年のブエナビスタを除く4頭は牝馬3冠を達成。そのブエナビスタも3着と馬券圏内には来ており、2冠馬の信頼は極めて高い。

対照的に桜花賞、オークスとも勝っていない1番人気は苦戦傾向にある。昨年は桜花賞馬(グランアレグリア)とオークス馬(ラヴズオンリーユー)がともに不在という混戦模様の中、4番人気のクロノジェネシスが念願のG1勝利。桜花賞、オークスとも敗れていながら1番人気に推されたダノンファンタジーは8着に終わった。

秋華賞 過去の成績

馬名 性齢 人気 斤量 騎手 通過順 着差 上がり 厩舎 馬体重 母父 前走 前着
2019/10/13(日)  晴 稍重 京都芝2000m 18頭
1 5 クロノジェネシス 牝3 4 55.0 北村友 斉藤崇 452(+20) ⑥⑦⑤⑤ 1:59.9 36.1 バゴ クロフネ 優駿牝 3
2 8 カレンブーケドール 牝3 2 55.0 津村明 カレンブーケドール ⑥⑧⑧⑦ 36.2 国枝栄 464(0) ディープインパクト ScatDaddy 紫苑S 3
3 14 シゲルピンクダイヤ 牝3 10 55.0 和田竜 シゲルピンクダイヤ ⑭⑭⑭⑪ 11/2 35.6 渡辺薫 464(+4) ダイワメジャー HighChapa ローズ 4
単勝
690
3複 ⑤⑧⑭
15,170
馬連 ⑤⑧
2,180
3単 ⑤⑧⑭
70,970
2018/10/14(日)  晴 良 京都芝2000m 18頭
1 11 アーモンドアイ 牝3 1 55.0 Cルメ 国枝栄 480(+14) ⑪⑪⑪⑫ 1:58.5 33.6 ロードカナロア サンデーサイレンス 優駿牝 1
2 13 ミッキーチャーム 牝3 5 55.0 川田将 ミッキーチャーム ①①①① 11/2 35.4 中内田 452(+2) ディープインパクト Dansili 藻岩山 1
3 2 カンタービレ 牝3 3 55.0 武豊 カンタービレ ⑪⑫⑬⑫ 33.9 中竹和 434(0) ディープインパクト Galileo ローズ 1
単勝
130
3複 ②⑪⑬
2,360
馬連 ⑪⑬
880
3単 ⑪⑬②
5,600
2017/10/15(日)  雨 重 京都芝2000m 18頭
1 14 ディアドラ 牝3 3 55.0 Cルメ 橋田満 490(+12) ⑭⑮⑬⑨ 2:00.2 35.7 ハービンジャー スペシャルウィーク 紫苑S 1
2 7 リスグラシュー 牝3 4 55.0 武豊 リスグラシュー ⑫⑪⑨⑥ 11/4 36.2 矢作芳 438(+2) ハーツクライ AmericanP ローズ 3
3 4 モズカッチャン 牝3 5 55.0 Mデム モズカッチャン ⑤⑤④② ハナ 36.6 鮫島一 478(-4) ハービンジャー キングカメハメハ ローズ 7
単勝
630
3複 ④⑦⑭
3,180
馬連 ⑦⑭
1,510
3単 ⑭⑦④
14,760

秋華賞のポイント&攻略法

①本当にデアリングタクトで鉄板?

今年の秋華賞(G1、京都芝2000m)で牝馬3冠を狙うデアリングタクトが、歴代の3冠牝馬と決定的に異なるのは「無敗」ということでしょう。

スティルインラブ、アパパネは秋華賞までに何度か敗れており、その中には馬券外に沈んだレースも含まれます。後にジャパンCを連覇したジェンティルドンナですら、新馬戦は2着。チューリップ賞でも4着と2度負けていました。

▼3冠牝馬の秋華賞までの戦績
2003年 スティルインラブ  6戦4勝
2010年 アパパネ      8戦5勝
2012年 ジェンティルドンナ 7戦5勝
2018年 アーモンドアイ   5戦4勝

直近では現役最強馬アーモンドアイも新馬戦で2着に敗れていて、秋華賞当時は5戦4勝の戦績でした。

デアリングタクトは「新馬→オープン特別」を連勝して牝馬2冠を達成。アーモンドアイと同じくオークスから直行のローテーションで、キャリアは4戦と消耗していません。

キャリアや臨戦過程は2018年アーモンドアイのケースが最も近く、史上初となる無敗での3冠達成の確率は高いといえるでしょう。

もう1つ、偉業達成への大きなポイントが「枠順」です。

▼2冠馬の秋華賞での枠順と着順
2003年 スティルインラブ  8枠17番→1着
2009年 ブエナビスタ    2枠 3番→3着(2位入線)
2010年 アパパネ      7枠15番→1着
2012年 ジェンティルドンナ 7枠14番→1着
2018年 アーモンドアイ   6枠11番→1着

秋華賞で牝馬3冠を達成した4頭は、すべて2ケタ馬番の外枠だったんです。唯一敗れたブエナビスタだけが2枠3番と内枠に入ってスムーズな競馬できず、差し遅れた上に他馬の進路を妨害したとして降着となりました。

3冠達成には、持っている能力をフルに発揮できるかが大事。デアリングタクトの枠順は要チェックです!

秋華賞の枠順を見る→

②逆転を狙うライバル候補は?

今年の秋華賞(G1、京都芝2000m)は、本当にデアリングタクトの相手探しなのでしょうか?研究員が過去に好走した人気薄の共通点を探し、馬券対象に割って入る可能性を秘めた「激走候補」をご紹介します!

まずは過去10年の秋華賞において、6番人気以下で好走した馬がコチラ。

▼秋華賞で激走した人気薄(過去10年)
19年3着 シゲルピンクダイヤ 10人気
16年3着 カイザーバル 8人気
15年3着 マキシマムドパリ 8人気
13年3着 リラコサージュ 15人気
12年3着 アロマティコ 6人気
11年2着 キョウワジャンヌ 7人気
10年2着 アニメイトバイオ 6人気

以上7頭のうち、5頭は『前走ローズS組』。19年3着シゲルピンクダイヤ、16年3着カイザーバル、12年2着キョウワジャンヌは、「ローズSで3~4着」という共通点がありました。

この『前走ローズS組』は10年連続で馬券に絡んでいて、2ケタ着順に負けていた馬の逆襲もあります。13年3着のリラコサージュはローズSで18着に大敗も、春にはオークストライアルのスイートピーSで1着、フラワーCでも3着とオープンや重賞で好走していた実力馬でした。

2020年のローズSは例年とは違う中京開催でも、「最有力ステップレース」の位置づけに変わりありません。今年のメンバーで『前走ローズS組』で3着以下だったのは、オーマイダーリン(3着)、クラヴァシュドール(5着)、フィオリキアリ(8着)、アブレイズ(12着)の4頭!

好配当の使者になりそうな馬が多く、今年も要注意です!

③好配当をつかむ「穴馬の法則」

2020年のG1レースでヒット連発!先日のスプリンターズSでもアウィルアウェイ(10人気)が3着に入り、話題沸騰中の『馬体重予想』。先週の京都大賞典も、当コーナー推奨馬のキングオブコージがキッチリ3着に好走しました!

この『馬体重予想』は、レースによって異なる「好走馬体重ゾーン」に入った馬を狙うだけ。誰でもカンタンに使える馬券術です。

もちろん、今週の秋華賞(G1、京都芝2000m)もお任せください!

ちなみにオークスでは「好走馬体重ゾーンは460~479キロ」と紹介して、該当馬のデアリングタクト(466キロ)が勝利。13番人気のウインマイティー(474キロ)が3着に入り、穴馬券の立役者になりました(本当です!!)

ズバリ、秋華賞の「好走馬体重ゾーン」は『480~499キロ』。過去10年で5頭の勝ち馬を輩出しており、その中にはアーモンドアイ、アパパネと2頭の3冠牝馬が含まれています。

▼馬体重『480~499キロ』の勝ち馬(過去10年)
18年アーモンドアイ 480キロ
17年ディアドラ 490キロ
13年メイショウマンボ 488キロ
11年アヴェンチュラ 482キロ
10年アパパネ 490キロ

▼秋華賞の体重別成績(過去10年)
419以下 [1-0-1-12]勝率 7.1%
420~439[1-1-2-18]勝率 4.5%
440~459[2-5-2-48]勝率 3.5%
460~479[1-3-5-44]勝率 1.9%
480~499[5-0-0-14]勝率26.3%
500以上 [0-1-0-11]勝率 0.0%

500キロに迫る大型牝馬は出走頭数が少なく、今年も例に漏れず「好走馬体重ゾーン」の『480~499キロ』に該当する可能性が高い馬は多くありません。前走の馬体重で見ると、アブレイズ(前走490キロ)、ホウオウピースフル(前走488キロ)、リアアメリア(前走488キロ)の3頭だけです!

注目のデアリングタクトはオークス以来の出走。前走の466キロから14キロ以上増えてきたら「好走馬体重ゾーン」に入ってくるだけに、当日の馬体重は要チェックでしょう。

先日のスプリンターズS3着アウィルアウェイも、前走から4キロ減の478キロ。宝塚記念のクロノジェネシスも前走の454キロからプラス10キロで該当馬となり、レースでも圧勝しました。

馬体重は前走からの増減だけを見ていませんか?今週からは「好走馬体重ゾーン」に入っているかを確認してください!

出走馬の馬体重をチェック→

レジェンド騎手・アンカツの決断!

先日のスプリンターズSでは3着に激走したアウィルアウェイ(10人気)もキッチリ評価して、秋のG1シリーズも的中発進!「アンカツ」こと安藤勝己さんが、秋華賞(G1、京都芝2000m)を、2007年にダイワスカーレットで勝利した元ジョッキーの視点からズバリ予想します!

アンカツさんといえば、今週10月15日(木)にYouTubeチャンネルを開設

早くもチャンネル登録者が1万人を超えるなど、動画も大人気のアンカツさん。あらためて秋華賞のポイントを挙げてもらいました。

☆ポイント☆デアリングタクトの位置取り

YouTube動画では、実際にダイワスカーレットで勝った時の話をした。あのときは外枠(7枠13番)から2番手につけて、4コーナー先頭の競馬で押し切った。外枠から馬の行く気に任せて競馬ができたことが、後方から外を回ったウオッカとの大きな違い。京都芝2000mは直線の短い内回りコースだから、やっぱりスムーズな競馬ができるかが重要になってくる。

今年のデアリングタクトと同じで、3冠がかかっていたブエナビスタで負けた時の話もさせてもらった。勝負どころでスっと動ける馬ではないから、内枠(2枠3番)が当たって早く外に出す競馬がしたかったんだけど……。馬の能力をうまく引きだすことができなかったね。(※2位入線も道中で他馬の進路を妨害したとして3着降着)

桜花賞の阪神芝1600mやオークスの東京2400mとは異なり、京都芝2000mは紛れの多い舞台だ。まして今回のデアリングタクトは無敗での牝馬3冠がかかるだけに、松山騎手の心中は察して余りある。

3歳牝馬のG1は実力差もハッキリしとるし、個人的には分かりやすい。今年は桜花賞、オークスも当てることができたしな。枠順や各馬の状態などを見極めて出した秋華賞の最終結論◎○▲は、「メガ盛りWEB新聞」で無料公開するので、ぜひ皆さんのお役に立てればと思う。

アンカツのG1予想を見る⇒

絶好調!強力予想陣の本命馬は?

今日10月18日(日)、京都競馬場で秋華賞(G1、京都芝2000m)が行われます!皆さんの予想は決まりましたか?

2020年のG1シリーズもヒットを連発!スプリンターズSでは「アンカツ」こと安藤勝己さん、馬体予想のやーしゅんさんが3着アウィルアウェイ(10番人気)を高評価して的中発進!

ハイセイコーの増沢末夫さん、タマモクロスの小原伊佐美さんも◎グランアレグリアから本線で仕留めました!

競馬ラボの強力予想陣が選んだ渾身の本命馬◎が揃いました!総勢12人のプロたちから最も支持を集めたのは……!? 本命は決まったアナタも、迷っているアナタも、予想の参考にしてみてください!

本命◎ ⑬デアリングタクト 8/9人中
元JRA騎手・増沢末夫

元JRA調教師・小原伊佐美

元JRA騎手・東信二

元JRA騎手・谷中公一

元JRA騎手・吉沢宗一

地獄耳トラックマン・古川幸弘

大島麻衣

重賞データFILE

本命◎ ⑦ムジカ 1/9人中
坂路王

▼大人気予想家の◎本命馬◎も要チェック▼
アンカツ

水上学

やーしゅん

秋華賞特集 コンテンツ

秋華賞 コース解析

京都競馬場 芝2000m
京都競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

秋華賞 レース概要

1996年にエリザベス女王杯が古馬に解放されたことに伴い創設された3歳牝馬限定のG1競走で、3歳牝馬3冠の最終戦。スティルインラブ、アパパネ、ジェンティルドンナ、アーモンドアイが牝馬3冠を達成し、他にもファレノプシス、テイエムオーシャン、ダイワスカーレットが桜花賞と、メジロドーベル、カワカミプリンセス、メイショウマンボ、ミッキークイーンがオークスとの2冠を達成している。時代を彩った名牝が勝ち馬に名を連ねているが、内回りでゴチャつきやすい淀の2000mで2008年には3連単の払戻が1000万円を超える大波乱も起きている。
  • twitter
  • facebook
  • line