札幌2週目の今週は土日で8鞍の騎乗依頼をいただきました。概ね調教でも乗せてもらっただけに、今週は攻め馬の時間が充実していましたね。

まず、土曜メインのSTV賞はクラヴィスオレアに乗せていただきますが、追い切りの動きは良かったですね。時計もいいペースで刻めたと思いますし、あとは距離でしょう。決してキレるタイプではないと思うので、やっぱり前々の競馬が主体になるでしょうからね。

土曜4Rのエールプレジールはもう少し気持ちが前向きなってほしいものの、前回は広いところに出してあげたら、もっと伸びていたんじゃないかという競馬。札幌の方が差しは利きやすいですし、前進を期待します。5Rのトランセンドパストは仕上がりもいいですし、追い切りをやるごとに良くなってきました。当初はゲート入りが悪かったりと頑固な面をみせていたようですが、調教ではそんなところは見られません。まだ体が緩いところもあって、ワンペースな面は否めないので、あとは芝がどう出るか、ですね。

礼文特別のラストプライドワンは前回がどうも走る気を無くしてしまったような競馬。今回は少し溜めていく形で変化を期待したいですね。阿寒湖特別のザプリオレスは連闘。先週は初めて試したチークが利きすぎていたようですし、今回は外した上で距離延長。改めて期待します。

日曜3Rのラガーヴィーヴは追い切りに乗せてもらった感じでは気の良さそうな馬でしたが、競馬にいくとダラっとしてしまうそう。イメージだけなら、もう少し走って良さそうな感触はありました。5Rのフィルメーザは1週前の時点では、ちょっと心配でしたが、今週は上向いてきましたね。まだ緩さがあって、自分からバランスをとって走れないところはありますが、体質がしっかりしてくれればいいですね。

先週はジオパークマグマでの3着が最高着順でした。結果的に外を回した分のロスが出てしまっただけに、惜しい競馬でした。馬場も開幕週とはいえ、良すぎるくらい。インにこだわればよかったと思います。大雪ハンデのマイネルアンファンは終いを活かす競馬で、とは言われていたものの、こちらから促さないと流れに乗れないくらい。前半はスローペースでも、追走できなかったですからね。

今週、新潟開催で若干数、お客さんを入れての試みが発表されましたね。ただ、毎日のように都市部でのコロナ感染者数増加のニュースを目にします。引き続き僕らも気を引き締めて、注意して日々過ごしたいと思います。