先週の函館はラミアヴィータで2着がありました。これまでと異なり、逃げる形になりましたが、ああいう競馬ができたのは収穫ですし、驚きがありました。これまで周りの馬を気にする面が目立っていたのですが、逃げることでモノ見をしそうな懸念もあったところ最後までしっかり頑張ってくれましたからね。あれなら行く馬がいなければ行けばいいし、行く馬がいるなら控えられる。周囲を気にする面も戦法が広がることで対処できそうです。

中間に乗った雰囲気も状態はへこたれていません。ここまで在厩調整でやってきて、本州から北海道への輸送がありながらも体が減っていないことからも本当にタフな馬だと感じさせられます。

強いていえば金曜にまとまった雨がありそう。あまり馬場は悪くなってほしくないタイプだけに天候だけは気がかり。連闘で挑む今回は決めたい思いが強いです。

土曜の渡島特別からアルヴェントは久々の騎乗。中間に乗っていないため、今どんな状態なのかわかりかねますが、昔に勝たせていただいた時は能力と共にモロさも感じたのも確か。乗り方を含め、今のこの馬にとってどんな形がベストなのか模索したいです。

日曜の松前特別からメタルスパークは中京での内容がしぶとい競馬。その後は東京にも登録していたそうですが、北海道の芝は合うと思っていただけに、こちらを使ってくれたのは歓迎。それだけにパフォーマンスは上げたいです。現地での雰囲気でも元気がありますし、あとはゲートには気を付けたいところ。