新規会員登録

PR

プロフェッショナルの流儀

記憶と経験がモノをいう競馬界。幾多のキャリアを重ねた競馬の知者達の金言は、あなたの競馬観をもうワンランクアップさせるでしょう。確かな実績と個性的な面々がお送りするコラムニスト達の直言にご注目ください。

  • 【日経新春杯】左廻りを主戦場にしている重ハンデ馬を中心視
    日経新春杯と言えば、あのテンポイントを思い出してしまう。雄花栗毛の綺麗な馬であった。 雪の降る、1978年 1月22日。海外遠征前の壮行会として出走してきたテンポイント。66.5キロと、ハンデ競走としてはとてつもない斤量での出走。あの4コーナーでの寂しい光景は今でも脳裏に焼き付いている。あ

    01/12 20:31

    もっと読む

  • 外に出ずにー
    皆様、こんにちは!新年も早いもので、もう2週間が経とうとしています。そんな中、緊急事態宣言が東京などで発令し、関西など11都府県に及びそうです。政府も経済を回すことと、国民を守ることの2つのテーマの間に揺れ、非常に難しい局面になってきていると思います。しかし、個人的に思うのは、リモートやこの環境下だ

    01/13 14:09

    もっと読む

  • 『マジカルステージ始動』
    皆さんあけましておめでとうございます。ライター大和屋です。 東京都を含めた首都圏ではまたしても非常事態宣言が発動されようとしていて、競馬の通常開催からはまたしても遠のいてしまったようです。そんなコロナ渦な中ではありますが、年末にうれしいことがありました。ダノンザキッドがホープフルステークス

    01/08 11:00

    もっと読む

  • この馬の押し切り濃厚や!!
    日曜中京11R 東海S(ダ1800m) “白い稲妻”の愛称で愛されれていた名馬タマモクロスを見出したのが、馬路一筋でGIトレーナーにまで上り詰めた小原伊佐美元JRA調教師。引退後も類稀な相馬眼はもちろん健在で、小原伊佐美が下した最終結論の◎○▲を競馬ラボのメルマガで独占公開。明日22日

    01/21 19:19

    もっと読む